人気ブログランキング |
☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 25日
c0083904_16164418.jpg

残すところ 年内のレッスンもあと1回となりました。


今年を振り返ってみると、
本当にさまざまな出来事がありました。


3歩歩いて、3歩下がり…
その場で、足踏みをひたすら繰り返しながら、
一歩も先へ進むことが出来ずに、
落ち込んでしまうことだってありました。


こんな私にも、本当にもったいないような、
素敵なチャンスを持ちかけてくださったり、
お声をかけてくださった事もありました。


でも、自分が置かれている状況や
貫こうとしている信念を偽ることや
逆らうことも出来ず…


色んな選択肢の中から、
1つを選ばざるを得ない状況の中、
迷い、戸惑い、悩みながらも…
この一年は、
やっぱりワタシらしい生き方が出来たと思っています。


こんな私を支えてくださっている
生徒さん達・友人達・リボンレイの仲間達、
そして家族に感謝。


年末年始 どうぞお風邪を召されませんように。

by ribbonlei-room | 2008-12-25 17:00 | つぶやき
2008年 12月 22日
c0083904_21352885.jpg

自宅レッスンでは、レッスンの後のティータイムに、
ちょっとしたスイーツをお出しする事が多いのですが…


マカロンをお盆に乗せて運んでいた時、
何気なく視線を落としてみると…


ちょうど真上から見るマカロンが、
おはじきのように、とっても可愛く見えました。


生徒さんのお口に運ばれる前に、
無理を言って、マカロンをスタイリングさせていただき、
急いでカメラで撮らせていただいた一枚です。

ゆっくり撮ってくださいね~とニコニコと微笑みながら、
私の撮影が終わるのをお待ちくださった生徒さん。
あの時は、本当にごめんなさい。


年末年始のオヤスミのお知らせです。

12月28日(日)~1月7日(水)の間、
自宅レッスン・外部でのレッスンは、
すべてオヤスミさせていただきます。

お問い合わせのメールに関しては、
通常より、ご返信が遅れますことをお許しください。

by ribbonlei-room | 2008-12-22 00:30 | おしらせ
2008年 12月 18日
c0083904_10242669.jpg

ストローを使って作るレイが定番となり、
手軽に作って楽しむ方が増えてきましたね。*^^*


何年前の話だったのかは、もう忘れてしまいましたが、^^;
初めて、ストローで作るレイを習った時は、
衝撃的で、とても感動した覚えがあります。


今では、ストローで作るレイも多種あり、
どんどんと進化しているのですが、
基本的には、どなたでも楽しめるのが変わらない点ですよね。


ストローを使って作るレイを習ったばかりの頃ですが、
その当時、教えていただいた時のストローが、
JACK IN THE BOXのものでした。



ストローレイ=JACK IN THE BOXのストロー



そんな図式を勝手に作り上げてしまった私は、
ハワイへ行くと、
JACK IN THE BOXばかりに通い…


ハワイへ旅行へ行くお友達には、
JACK IN THE BOXのストローが欲しい!とお願いし、
お友達から、「???」と思われてしまっていたようです。


笑い話のようなお話ですが、
当時は、ストローで作るレイは、今ほどメジャーではなく、
情報も乏しかったのです。(言い訳ですね~)


このブログをご覧になって、
そうそう。私もそうだったわ。と同感してくださる方って…


うーーん。いらっしゃらないでしょうね…^^;


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':**:'¨':*:'¨':*:'¨':*

来月のエスタレアレアさんのレッスンの詳細が決まりました。
画像のタイプのストローで作るレイを作る予定です。
詳しくはへ…

2008年 12月 14日
c0083904_14231546.jpg

年末に入る前の慌しさ…という事でしょうか…


自宅レッスンの方は、
久しぶりにいらっしゃる方・毎月のようにお越しくださる方などが、
レッスンにいらっしゃったり、時には、遊びにお越しくださったりと、
賑やかに過ごしております。*^^*


お世辞にも、お洒落で素敵なお部屋ではないのですが、
こんな所でも、コンスタントに続けてくださる方々には、
感謝の気持ちでいっぱいになります。


こういう仕事をしている私が、
こんな事をお話するのは、妙な事なのかもしれませんが…


習い事やお稽古事というのは、
「 続けていく 」 というのは、とても難しいものだと思っています。


どんな事でも、続けていくというのは、
かなりエネルギーが必要な事。
そして、思っている以上に大変な事だからです。


続けていけることは、確かに難しい事かもしれませんが、
それでも…


続けるために、力を尽くしてくれる人がいる事に、
心からの感謝の気持ちで胸が熱くなるのです。


私のレッスンのために、
貴重なお時間とお金を使わせていただき、
そして、ご家族のご理解とご協力があってこそ、
その生徒さんを、快く私のところへ送り出してくださっていること。


本当にありがとうございます…



* カメハメハ Tracyさんデザイン *

by ribbonlei-room | 2008-12-14 15:21 | つぶやき
2008年 12月 12日
c0083904_1645549.jpg

アッという間に、師走も半ばとなりました。


松ぼっくり風のリボンレイのクリスマスオーナメントも、
たくさんの方に作っていただきましたが、
画像のオーナメントより、一回りほど小ぶりに作って、
携帯ストラップとしてお楽しみくださる方が多いです♪


小ぶりに作ると、ぷっくりと丸々しているために、
ますます松ぼっくりのように見えるのかも???


それよりも、黒マジックでチョンチョンと●を2つ書けば、
イモムシちゃんの完成!? と一同大笑いしたりと、
相変わらず、賑やかなクラスです。


作り方は、決して難しい訳ではなく、
あらら…と思うくらい簡単なものです。


仕上げ方に少々コツが必要なのですが、
それでも、色んなやり方がありますので、
表情が十人十色で面白いなと思うオーナメントです。

by ribbonlei-room | 2008-12-12 19:34 | つぶやき
2008年 12月 09日
c0083904_16404831.jpg

久しぶりに、生徒さんのリボンレイの作品をアップさせていただきました…


最近、こちらの
クリスマスのミニミニリースを作られる方が増えました。


以前にご紹介したリースよりも、
半分のサイズになると思います。


両手の中に、ほわん…と入ってしまうような、
本当に、小さな、小さなサイズです。


作る時間も、グッ…と短縮されますし、
何よりも、コロンとツリーに飾れるサイズが嬉しい。


ツリーやリースにも、
年ごとに流行の色があるそうですが、
やはり、子供の頃から親しんでいた
グリーン・赤…の王道の色が大好きです。


リースを作られている皆様を拝見していますと、
幸せなご家庭が見えてくるような気がします。


気づいていらっしゃらないのかもしれませんが…
どの方も、作っていらっしゃる時は
自然に笑みがこぼれています *^^*


きっと…


完成したらどこに飾ろうかな?
どなたかにプレゼントしようかしら?など、
何か楽しいことを
考えていらっしゃるのかもしれませんね。



このリースも、
ご提供できるリボンが限られており、
ご予約分を含めて、完売とさせていただきました。
本当にありがとうございました。

2008年 12月 03日
c0083904_18245913.jpg

はい。どうぞ。

子供から、リボンレイをプレゼントされると、
こんな感じに、目に映りませんか…?



リボンレイは、澄み切った青い空・穏やかな海をバックに撮影しないと、
格好がつかないように思えたのですが…


黄金色の銀杏の葉が、
まるで絨毯のように敷き詰められている中でも、
リボンレイは、何となく寄り添っているように見えるのは、
私だけかしら…


趣味でリボンレイの被写体を撮り続けて、
約6年になると思うのですが、


テーブルの上に、大人しくリボンレイを置いて撮影するより、
レイをかけたり、手でふれたり…
レイをさわった瞬間に、リボンレイは命が吹き込まれ、
生き生きして見えるような気がします。


* リボンレイ… ラウヘレ  トレーシーさんデザイン *

by ribbonlei-room | 2008-12-03 18:43 | つぶやき
2008年 12月 01日
c0083904_17342739.jpg

早いもので、今日から12月…
年齢を重ねるごとに、
年月の流れが加速的に早くなるような気がします。

そんな中…
ほくぶ停さんにて、Morly先生のフラドールのワークを受けてきました。

先生は相変わらず穏やかでホンワカとしています。
久しぶりにお目にかかるのに、
つい先日もお会いしていたような…
そんな気がしてしまうのは、やはり先生のお人柄でしょうね。*^^*

普段は、レッスンさせていただく立場が多いからでしょうか。
生徒として、無心に粘土に向き合える時間は、
本当に、本当に…幸せに思えるのです。

by ribbonlei-room | 2008-12-01 17:53 | 楽しい!