☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 26日
第4回東京ワーク 参加者の募集日をお知らせします。


8月6日(月) 午後11時に
当ブログにて詳細をアップさせていただきます。


【 第4回 東京ワーク 】

9月2日(日)

午前の部:午前10時15分~12時45分

午後の部: 午後2時~4時30分

場所: 東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩圏内
   (詳細場所はお申し込みされた方にお知らせします。)



今回は、午前の部・午後の部と2部制にさせていただきました。
それぞれ違う作品を作る予定です。




c0083904_1622269.jpg



午前の部で作る予定の作品です。


昨年のクリスマス作品
小さな 小さな ふわふわクリスマスツリーです。


昨年の秋に開催した東京ワークで、
皆様にご覧いただいた作品です。


この度、皆様からの熱いリクエストを多数いただき、
ようやく実現する運びとなりました。
ありがとうございます。


手のひらにチョコンと乗るミニチュアサイズですので、
ちょっとした隙間の空間に飾って
お楽しみいただけると思います。



ワーク当日は、まだまだ残暑が厳しい頃かと思いますが、
ちょっぴり早目にクリスマス作品を作り始めて、
たくさん作ってお楽しみいただきたいと思っております^^



午後の作品は、また次回のブログにてアップします。



※ こちらのツリーは、名古屋の生徒さんの間では、
「モリゾーのツリー」と呼ばれているんです~^^;
[PR]

2012年 07月 24日
c0083904_10443987.jpg


つぶつぶを入れた
小さな小さなリースのご紹介です。



ちょうど、女性の手のひらに乗せられる大きさ。
ミニミニサイズのリースです。



独自の手法を取り入れた作り方ではありませんが、
少々世話のかかる作り方なのかもしれません^^;



c0083904_10555765.jpg



つぶつぶがいっぱい♪
[PR]

by ribbonlei-room | 2012-07-24 10:58 | リボンレイ
2012年 07月 17日
c0083904_915253.jpg


久しぶりに登山ネタです。


※ 写真は高山植物のクロユリです。
艶っぽいこの色が大好きで、心惹かれます。



c0083904_9195512.jpg


お花畑を撮影する為に、
重い一眼レフを持参したのですが、
来てみれば、一面の雪景色^^;


まだ雪がしっかりと残っていました。
今年は雪解けが遅いようです。



c0083904_922651.jpg



滑らないように慎重に慎重に雪の中を登ります。
気温は10℃を切っていました。



c0083904_9262569.jpg


途中で強風が吹きつけ、気温がどんどん下がるのを強烈に感じます。


その上、ガスも発生して視界がかなり悪くなりましたので、
頂上に登るのを断念して下山しました。
( 引き返すのも1つの大きな決断なのです。)



でも、登山途中で後ろを振り返って見たこの絶景は
きっと きっと一生忘れないと思います。




山登りは人生と似ている。と登山仲間は話してくれます。



山にアタックするたびに、
楽しい経験・苦しい思いを重ねて、
たくさんの経験を積み、
自分の心を豊かに穏やかにさせてくれる。



まだ私はその真髄をわかっていないけれど、
山の魅力や厳しさなど
もっともっと学ぶべき事が多そうです。
[PR]

2012年 07月 09日
c0083904_914511.jpg



しばらくお休みをさせていただいた
エスタレアレアさんのFUNクラス。



私の個人的な都合で、
勝手をさせていただいたのにも関わらず、
寛大な心でレッスンの再開をお待ちしてくださった皆様…




昨日、ようやく再開の運びとなりました。




ずっと待っていました。という温かなお言葉を掛けてくださり、
涙が出るほど嬉しかったです。




楽しい時間を共に過ごすことができ、
本当にありがとうございました。


******

エスタレアレアのオーナーのKAZUKOさんとは、
もう何年のお付き合いになるでしょうか。



最初はお客としてお店に通っていた私だったのですが、
ここでリボンレイを教えてもらえないかしら?というKAZUKOさんの一言で、
私の人生がガラリと変わりました。



趣味として楽しんでいたリボンレイ。
人様からお金を頂戴してプロとして活動するなんて、
思いもよらなかったことでした。



インストラクターとして活動するという事は、
つまり起業するという事。



自分の技術を提供することで対価を頂く重さ…
かなり悩みました。



それでも自然とKAZUKOさんのオファーを受け入れたのは、
きっと何か引き寄せられたものがあったのでしょう。



長い人生、後ろに下がる事もありますが、
それも自分の人生を豊かにしてくれる大切な経験。
心の砥石を磨いてくれる大切な糧なのだと思っています。
[PR]