「ほっ」と。キャンペーン
☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 28日
c0083904_20461322.jpg

ハワイより取り寄せている
ココナッツホヌのオーナメント…^^


取り寄せるたびに、
ホヌの形が微妙に違います。
最近は、プックリと太ったホヌに出会う事が多いです。


クッション材として使われている
ハワイの新聞やチラシなどを一枚一枚広げて、
ちょっとした雰囲気を味わってみたり…


素敵なラウハラボックスに入れて
商品を送ってもらえる事もありますし、
また時には、
あれ?注文した商品が入っていないわ…^^; など、
注文1つにしても、様々なドラマ(笑)があります。

( 親切丁寧な日本の会社の対応に慣れている日本人にとって、
こういう事は信じられなかったのですが、今では慣れっこです。)



画像のブレスレットは、
ダブルブレイドの編み方で作ったホヌのブレスレットです。


ダブルブレイドとは、
4本のリボンを使って、ブレイド編みのように編むのですが、
この編み方が、
とても好きな方と嫌いな方とハッキリ分かれるようです。


嫌いな方は、編み方がちょっと…と、
少々、苦手意識を持たれるようですね。


この編み方も色々な方向から試してみたのですが、
邪道かもしれないけれど、
編み始めのやり方だけでも、
実は数種類の方法があります。


一般的に知られているやり方が、
多分、1番複雑に感じるのかもしれませんが、
それも人それぞれだと思います。


こちらのブレスレットですが、
来月に、エスタレアレアさんでレッスンします。
詳細はこちら →


ダブルブレイドのやり方が苦手…と仰る方も、
私のやり方ならサクッと簡単にできますので、
どうぞお試しくださいね。
[PR]

2010年 06月 24日
c0083904_15355548.jpg

レインボーカラーもお国によって様々なのですが、
ハワイ流の6色と私達がお馴染みの7色とでは、
生徒さんの間では、圧倒的に7色の方が人気です。


個人的には、私はどちらでも好きなのですが、
マナカードの講座 → で、
ハワイの虹のお話をお聞きした時に、
虹と言っても、一言では言い尽くせず、
実に奥が深いのだな…と感心させられました。


今回作ったリボンレイのストラップも、人気の7色です。
こちら → のストラップの7色バージョンとなります。


正直に申し上げると、
少々コツが必要かもしれません。


作り方は同じなのですが、
カラーが少し増えただけなのに、
5色バージョンとは比べ物にならないくらい
汗をたっぷりかいて作りました。
( 5色バージョンもけっこう大変なのですが、それ以上でした~^^; )


何度も何度も試行錯誤の上、
微妙なところを調整してみたり、
少し手法を変えてみたりと工夫を重ねたのですが…


やはり、小手先の手法を使うよりも、
シンプルに作った方が1番スッキリしたような気がします。

*****

通信で教えていただくことはできないでしょうか?という
お問い合わせをよくいただきます。


特に、独自の手法を用いた作品に関しましては、
そういうお問い合わせが集中します。


大変ありがたい事で、
私自身も本当に本当に嬉しいです…^^


以前にもお話したかと思うのですが、
私の手法は、用紙だけで説明するのが難しく、
実際にご覧いただくしかない…というのが正直なところです。
( 決して難しいテクニックなんて使っていないのですが。)


例えば、スクエアノットの編み方をご存知で、
それを少し応用させたものでしたら、
皆様のご理解の早さだって、
ずいぶんと違ったものになりますし、
私も説明書の作成が比較的に楽だと思うのです。


でも、私のようなやり方となれば、
それを、どなたでも分かりやすいように
きちんと紙面でご説明する事は、なかなか容易な事ではなく…
自分の不甲斐なさが情けなく、大変申し訳なく思っております。


仮に、私がネットショップをオープンさせたとします。


説明書付きの材料をお求めいただいたものの、
説明書を開いたら、?????状態だったら、
これほどショックな事はないですよね…?


決して安くはないお買い物だと思うので、
中途半端な事は絶対にしたくありません。
自分自身が納得できない仕事は、
サッと手を引く。
これは、私のこだわりです。


でも…


作ってみたい!と思っていただけるなんて、
本当に幸せなこと…
ですから、毎回、お断りのメールをさせていただく度に、
残念な思いでいっぱいです。


最近、そのようなお問い合わせが増えてきましたので、
この場を借りて、
皆様にはご報告させていただきます…
申し訳ございません…
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-24 16:16 | リボンレイ
2010年 06月 21日
生徒さんの中には、
ブログをやっていらっしゃる方も多いのですが、
よく耳にする事があります。


日中は仕事をしているので、
リボンレイの写真を撮りたくても、
夜しか撮ることしかできなくて…


せっかくの日中に撮影しようと思ったのに、
お天気が悪いせいか、
どんよりとした暗い写真しか撮れなくて…


そのお気持ち…
私も痛いほど分かります。



私のブログに掲載している写真は、
撮影している時間帯も本当にまちまちです。


夜の撮影は、さすがに無理なのですが、
相互のスケジュールの関係や、
ご依頼の仕事の締切日に、
どうしても間に合わせなければならない、などの事情により…


日没寸前に撮影しなければならなかったり、
雨の日に撮影しなければならなかったりと、
常にベストな状況で撮影できるとは限りません。( 涙 )


c0083904_19415260.jpg

↑ ある6月 … 夜7時20分頃に、
【 お手頃価格のコンパクトカメラ 】で撮影したもの。


日が暮れる間際に撮影しました。
普通に撮れば、きっとこんな感じだと思います。
( でも、個人的にはこういうアンダー気味の写真も好きです… )



c0083904_19581770.jpg

↑ こちらは、上記の写真と全く同じ日時に、
【 お手頃価格のコンパクトカメラ 】で撮影したもの。


1枚目の写真と違う点は、
少しだけカメラの設定をいじって変えてみたところ。


日没寸前に急いで撮影したので、
画質の荒さは否めませんが、
もう少し小さい画像でアップすれば、
多少はマシな写真に見えるかも…^^;


カメラに関しては、全くのド素人なので、
的確なアドバイスができないのですが、
薄暗いからと言って、
お家の照明をつけたまま撮影するのは、
私のような初心者には、あまりおススメではないかも…
( これはプロカメラマンさんも同様に仰っていました。)


※ 上記の写真も、照明はすべて消して、
薄暗い中で撮影したものです。
もちろんフラッシュなんて使用していません。



今のコンパクトカメラは、
昔のコンパクトカメラと比べると、
かなり性能がアップしていると思いますので、
取り扱い説明書を見ながら、
色々と遊んでみたいと思います^^
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-21 20:22 | カメラ
2010年 06月 18日
c0083904_1423661.jpg


1人だけの現実逃避旅行に行く。


c0083904_1445642.jpg


家族や友達と行く旅もいいけれど、
やはり、旅は1人きりの方が好き。


c0083904_1465146.jpg


その日の早朝に、
急に思い立って出かけた旅。


慌てて現地でガイドブックを買うが、
頼りになるのは、やっぱりこれ!


c0083904_14114955.jpg


20年ぶりのならまち。



神奈川に住んでいた頃、
鎌倉には多くの俥夫さんがいたのですが、
こちらも、多くの俥夫さんがいるのに驚く。



鎌倉とはまた違い、
関西独特のノリ・ツッコミ満載の
底抜けに明るい俥夫さん達。


でも、颯爽と風を切って走る姿は、
いつ見ても清々しく熱い。
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-18 14:25 | カメラ
2010年 06月 15日
c0083904_17202276.jpg


今年の菖蒲は…
見頃が少々遅れていました。


c0083904_17294575.jpg



紫・白・黄色など、
様々な品種がある菖蒲。
入梅の時期に、しっとりと映えるのは、
やはり紫色…


何となく心が沈みがちな時期に、
なぜか心が落ち着き、穏やかな気持ちになれる色。


同じ紫色なのに、
春に咲くパンジーは、またちょっと違う感覚。
見る側の心の持ちようで、こんなにも違う。


紫は本当に不思議な色だと思う。


c0083904_17393127.jpg


この日は風が強くて、
提灯が狂ったように回っていました。
( ピントが合わなくて大変でした。)


人もまばらな菖蒲園は、
温かな甘酒が恋しいとさえ思えるほど
肌寒い日でした。
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-15 17:59 | カメラ
2010年 06月 10日
c0083904_15544412.jpg

夏をイメージしたリボンレイを作ってみました。


新作のレイをブログにアップすると、
「 また独自の手法を使ったレイですか?」などと聞かれるのですが、
こちらは至ってシンプルな作り方です。
( 新しい手法は、そんなに次から次へ思いつくものではありません~^^;)


この時期に、淡い色合いのレイを作るときは、
少し気をつけてあげないと、
気づかない間に、
手汗やメイクが付いてしまう事があります。


時々はおしぼりで手を拭いたりして、
レイメイキングを楽しんでくださいね。


*****

リボンレイの講座を持たせていただいて、
5年ほど経ちますが、
どの生徒さんも、本当に心地よい方ばかりです。


始めたばかりの頃は、オリジナルと全く同じように
確実に、忠実に…!と頑張って作ろうとされるのですが、
数ヶ月経過してゆくとともに、
「これって【 私らしい 】レイね。」という言葉と
フフ…♪という笑みが出てくるようになります。


私のオリジナルをそっくり真似て、
コピー商品のように作ったレイよりも、
その方らしいエッセンスや風が入ったレイの方が、
私は大好きです。


他と比較するのではなく、
あなただけしか出せない作風が出てきたのなら、
それは本当に素敵なこと。


素直に受け止めて、
それを、あなただけの武器にしてゆくことだってできるもの。


ガンバレ!( 顔晴れ!)


c0083904_16451659.jpg

[PR]

2010年 06月 08日
c0083904_8561811.jpg

女性限定の交流会セミナーに伺ってきました。
セミナー主宰者さんのサイトはこちら →


組織に属している訳でもなく、
会社勤めをしている訳ではありませんが、
社会人として生きていく上では、
コミュニケーション力UPは不可欠な事。


実践を交えながらのワークなので、
自然と周りの皆さんとのお話も弾みました。


ある程度の予想はしていましたが、
参加された女性の皆さんは、
エネルギッシュでハイレベルな方々ばかり…
そして、何よりも熱い!


部下をたくさんお持ちの女性役員さん。
会社社長さん。
ショップのオーナーさんなどなど…


異業種交流会も兼ねているセミナーでしたので、
様々な方面からのお話が聞けるのも、
本当に刺激になります。


私は決してガツガツやるタイプではありませんし、
どちらかというと、
人との関わり方に重点を置きたい方です。


正直、このような熱い場にいるのも、
場違いだったかもしれませんが、
皆さんのお話は、
こういう見方もあるんですよ…と示唆していただいたような気がしました。


いつもの仲間・同業者との関わりも大事なことですが、
毎回毎回 いつも同じ人…となると、
ちょっとした感覚麻痺に近いものが出てきます。
( あくまでも私の過去の経験から得たものですよ^^;)


時には、客観的に自分を見つめることも必要。
異業種の方々との交流は、
新しい風が入ってくるせいか、
別の自分を発見できる いいチャンスなのかもしれません…


撮影場所…LIGNOSAさん(名古屋市千種区)


【 おしらせ 】

今月に開催する ほくぶ停さんのワークですが、
お陰様で満席となりました。 →


ホームページで、ワークのお知らせを告知したところ、
瞬時に満席となり、嬉しい悲鳴をあげております。
ありがとうございます。


当日、お目にかかれる事を楽しみにしています。


[PR]

2010年 06月 05日
c0083904_17414158.jpg

フローラルガーデンよさみさん → にて開催された
リボンレイの講座も、無事に終えることが出来ました。
たくさんの方にお越しいただき、
本当にありがとうございました。


定期講座や自宅レッスンとは違い、
こういうワンデーレッスンは、
毎回毎回いつも緊張します。


こういうレッスンに参加されるほとんどの方が、
リボンレイって何…?という
全くの初めてさんが多いからです。


自然と私自身の気持ちも引き締まります。


レッスンが終わって、
リボンレイって楽しいのね♪というお言葉を頂くと、
心底ホッとします。


私のレッスンが楽しかった…という事も嬉しいのですが、
【 リボンレイというものが楽しい。 】という意味合いでは、
さらに嬉しいものがあるのです。


今後、その方がリボンレイを作る事にご縁がなかったとしても、
その方自身がどなたかに、
【 楽しかった。】とお伝えしていただければ、
それだけでもう充分なのです^^


人様にモノゴトを教える立場のご職業の方、
みなさまに共通する事だと思うのですが、
これって、あまり楽しくない。と言われると、
教えた立場としては、やはり悲しいものです。


教え方1つ・皆様への接し方1つで、
受講される方の気持ちが大きく変わり、
リボンレイに対する感じ方・捉え方も変えてしまう…



教える立場としては、責任重大なのですが、
私がお伝えしたリボンレイが、
何かのご縁で、皆様へシェアしていただけると嬉しいです。



…とはいっても、
【 リボンレイって楽しいよ!是非みんなに伝えよう!】など、
相手の気持ち・容量の大きさを考えずに、
一方的にガンガン押し付けるような行動も考えもの。


楽しいと思える、共感できる部分というのは、
おのずと自然に引き合うものだと思っています。
その瞬間が訪れたときには、
その世界へ笑顔で迎えられるといいなと思います。


撮影場所…LIGNOSAさん(名古屋市千種区)
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-05 18:41 | つぶやき
2010年 06月 01日
c0083904_23244455.jpg


「 この勝負!勝者は…」


先生から発せられるマイクの声に、
児童全員が急に静まり返る瞬間。


果たして、勝者は赤組か白組か?


c0083904_0532218.jpg


プログラムを握り締める彼の右手。
そして、手首にはお手製の勝利を願うバングル。


白組が勝つ!
そう信じて願わない心境なのに、
勝者が発表されるまでのドキドキ感はたまらない…




*****


友人の誘いで、
その友人のお子さんの運動会を見に行きました。


小学校の運動会だなんて、本当に久しぶり…


カケッコが速いと聞いていたので、
その勇姿を、ぜひカメラに撮ってあげよう!
そう思っていたのに…


持参したレンズは、
何と!単焦点の60ミリのマクロレンズ1本のみ。
( つまりズームが全くできないレンズです。^^; )
はい…運動会用のレンズを忘れてしまった状況なのです。


カメラをされる方なら、
運動会に、そのレンズ1本はありえない!と思われるかと…
( カメラ初心者の私でさえ、どうしよう…!と思ったくらいですから。)


けれど…


c0083904_0543561.jpg


そのレンズを通して見る景色は、
皆とは違った角度から垣間見ることができたのです。


運動会というと、
どうしてもグラウンドに出ている華やかな姿に目を奪われがちです。


でも、味方・友達・先生・親に向かって、
一生懸命に声援を送っている子供たちの姿を、ぜひ見て欲しい。


みんな 本当にキラキラと輝いています。
人を応援する姿って、本当に美しいのです…
[PR]

by ribbonlei-room | 2010-06-01 00:34 | カメラ