☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 28日
最近のお問い合わせのメールに、
カメラについてご質問される方が増えています。


ご存知のとおりなのですが、
突っ込みどころが満載の写真ですし、
また、カメラに関しての知識もそれほどありません。


趣味で撮影しているだけですので、
正直、ご返答に困ってしまうことが多いのですが…^^;


先日、リボンレイ仲間のお友達とお話していた時のこと。


そのお友達が、
ハワイアンキルト・リボンレイのブログをやっていらっしゃる方は、
スイーツ・お料理の写真を撮るのも好きみたいね。と仰いました。


その言葉を聞き、改めて自分のブログを振り返ってみたところ、
確かに、そのお友達の仰ったとおりなのです(驚)


そういう事を意識して撮ったことがないのですが、
私のように動かない被写体を中心に撮っている者は、
馴染みやすい食べ物系も撮りやすい被写体なのかも???


食べ物系をよく撮影する方には便利なサイトがあります→
クリック一発で、食べ物を美味しそうに変えてくれます。
試しに、私も少しさわってみたのですが、なかなか楽しいです。


画像処理をしなくてもいいように、
光を意識して撮るようにはしているのですが、
レストランなどで、お料理を撮影する時は、
光不足・照明の関係などで思ったような写真が撮れない時があります。
(もちろん、そういう場所で撮影するときは、
必ずお店の方に一言断ってから撮るようにしています。)


そういう時に便利なのかもしれませんね。

そこで、私も写真をいじってみました(続きを読む)
[PR]

2009年 05月 25日
c0083904_20131966.jpg

誕生日を迎えるたびに、一年の目標を決め、
同時に、昨年の目標も振り返っています。
ちなみに、昨年の目標はこちら→


昨年は、「 忙しい 」という言葉を一度も口にしなかったのですが、
これを心がけるだけでも、自分の意識もずいぶん楽になりました。


目が回りそうな過密スケジュールで動いていらっしゃるはずなのに、
そういう素振りを、全く人に見せず、
逆に、周りの皆さんの事を気遣っていらっしゃる方がいます。


私もそんなふうに器の大きな人になりたいと思ったことから、
まずは、「忙しい。」という言葉を封印してみよう…
そんなキッカケで始めてみたことだったのです。


「忙しい。」という口癖は、
周りの人間を不快にさせる言葉だったようで、
今更ながら、そんな事に気付いた私なのですが…^^;


その言葉を封印したことによって、
家族も友人も、何となくですが、穏やかに接してくれるような気もします。


もう1つの目標の「運動」ですが、
こちらは別の機会にお話できたらと思います。

今年の目標は?(続きを読む)
[PR]

2009年 05月 21日
c0083904_15244249.jpg

rainbowカラーは、好みがハッキリと分かれる色合いですが、
ハワイがお好きな方は、わりと好まれる傾向にあるようですね。


作っている最中は、
色がゴチャゴチャしているように感じ、
「 あまり好きなイメージではないかも…」と思っていましたが、
外に持ち出して見てみると、
初夏の日差しに、すごく合うのです^^


rainbowカラーは、お家の中で見るより、
太陽の光と溶け合う為のカラーなのかもしれませんね。
自然が生み出すカラーというのは、
神秘的で、なおかつ奥深いものだと痛感しました。


リボンレイがお好きな方なら、もうお気づきかと思いますが、
rainbowカラーのストラップは、
こちらのストラップ→ を、少し応用させたもの。


一見すると難しそう…と思われるかもしれませんが、
実は、拍子抜けするくらい簡単な編み方です。
多分、小学生くらいのお子様でも大丈夫かと♪


リボンレイのストラップをいくつか作られた方ですと、
かえって戸惑ってしまう可能性がありますが、
逆に、全く作られたことがない方が、余計な知識がない分、
スムーズに出来るような気がします。


携帯ストラップの新しい編み方の開発(笑)は、
いったん ここで小休止。
明日からは、溜まっているリボンレイを作っていこうと思います。

[PR]

2009年 05月 18日
c0083904_15514684.jpg

新しいリボンレイの携帯ストラップを作ってみました。


こちらも、手で編んでいくタイプですが、
今までにはない 変わった手法を使います。
編む…というよりも、編みつける、という表現が適切かも^^;


ストラップに仕上げる前の模様は、
ポコポコしていて、まるでソフトクリームのようですが、
画像のように輪にして仕上げてしまうと、
リボンが伸びて、組み紐のような感じになります。
そこが、また面白いのですけれど♪


こちらの携帯ストラップなのですが、
ちょうど、私の誕生日に出来上がりましたので、
「バースディー」という名前にしようかと思ったのですが…


家族からは、「うーーーーん。」という苦い顔をされたので、
即、却下いたしました(涙)


このストラップの名前ですが、
もし、いい名前が思いつかれましたら、
ぜひご連絡くださいね^^


そうそう…
こちらのストラップ→も、可愛いお名前が付きました。
そのお話は、また改めてさせていただきたいと思います。
[PR]

2009年 05月 15日
c0083904_17211443.jpg

生徒さんのお子様が、このたび結婚式を迎えられるということで、
ウェディングのレイを作られました。


…このお話は、実はずいぶん前の出来事です。


私が、こちらのレイをうまく撮影できなかったのが原因で、
今頃になって、このようなお話をするのは恐縮なのですが、
お母様の心のこもったレイは、
きっと新婚さんご夫婦の胸に、そっと刻まれていることでしょう。


どうぞお幸せに…


               ウエディングレイ…Tracyさんデザイン

来月のレッスンのおはなし(続きを読む)
[PR]

2009年 05月 12日
c0083904_11599100.jpg

リボンレイの新作は、けっこう作っています。
なぜホームページやブログにアップしないかというと…


1番ブレーキとなっているのが、
実は、リボンレイをカメラに撮ることなのです。


以前にもお話したかと思いますが、
カメラを撮るのは大好きです。


でも、思い入れのあるリボンレイになればなるほど、
どうやって撮ればいいのか迷うことが多く、
仮に、数百枚撮影しようとも、何時間かけて撮影しようとも、
ピンとこないものは、容赦なくボツにしています。


リボンレイの写真を、
もっとアップして欲しいというお声も聞こえるのですが・・・
そういう訳ですので、
気長にお待ちいただけると嬉しいです^^


暑くなってきたので、
夏らしいスイーツを被写体に撮ってみました。


抹茶の名産地で有名な愛知県の西尾(にしお)市・・・
その西尾産の抹茶を贅沢に使ったワラビもちです。


茶道も昔から大好きなので、
抹茶に関しては、様々な銘柄をいただきました。
ですから、少々、舌が肥えています^^;


こちらのワラビもちは、抹茶の香りが清々しく、
抹茶のほろ苦さ・甘みがかなり生かされていました。
それに何よりも、ブルンブルンしていて美味しい♪


画像のワラビもちは、店頭のみの販売ですが、
機会があったらお試しくださいね。

萌シェ→
[PR]

2009年 05月 10日
c0083904_19556100.jpg

バラの季節が到来しました。


私が撮影した時は、これから…という時期だったのですが、
それでも、360度 どこからでも豊かな香りが漂ってきます。
どなたも、そぉ…とバラに顔を近づけて、
香りを存分に楽しまれていました。


リボンレイにも、バラをモチーフにしたものが色々ありますが、
お恥ずかしいことに、
バラに関しては、ほとんど知識がありません。


先輩で、バラのスペシャリストの方がいらっしゃいます。
私は詳しくは存じあげないのですが、
バラに関して、けっこう有名な方でいらっしゃるようで…


ド素人の私が、そんな方に、
図々しくも、バラの事でお話をする機会がありました。


お話を伺えば、伺うほど、
こんなに奥が深いものだったなんて…!と呆然。


でも、最後に、こう仰いました。


机上で話すだけでは分からないもの。
やっぱり、実際に見て触れて感動しないとダメよ。


何気なく仰ったその言葉に、
ズシンと来るものがありました。


パソコンや本で、頭の中で植えつけた知識も大切。


でも、
自分の目で見て、
自分の手で触れて、
心が満たされ、感動すること。


それが何よりも大切なのでは…?


慌てて、にわか知識を得ようとしていた自分が恥ずかしかったです。


今年のバラは、そういう意味でも、
違った目線で見られることが出来ました。


バラのスペシャリストの先輩に心から感謝。
[PR]

2009年 05月 05日
c0083904_1901432.jpg

手で編むレイが好きです。


リボンレイは、針と糸で縫うもの。
かぎ針を使うもの。
ストローを使うもの…など色々な手法がありますが、
私は、昔から手で編むのが好き。


華やかさはありませんが、
丈夫で、素朴で、
何よりも、温もりを感じさせるような存在は、
携帯ストラップを作るのに、1番最適な手法かもしれません。


画像のストラップは、くるくる ねじねじ…というネーミングにピッタリ。


心の中で、数をカウントしながら作ってゆくので、
作っている最中に、電話が入ったり、話しかけられると、
「あれ?どこまでカウントしたっけ?」と慌ててしまいます^^;


このストラップは色違いで何個か作りましたが、
コントラストがハッキリした色合いの方がいいみたいです。


昨年、ブログにアップさせていただいたストラップ→
今回のストラップは、その応用です。


昨年アップさせていただいたストラップは、
お陰様で、たくさんの方からお問い合わせがあり、
作り方などレクチャーさせていただきました。


その作り方を習得された方なら、
きっと、今回のストラップも楽勝で作ることが出来ると思います。
ぜひチャレンジしてみてくださいね ^^
[PR]