☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
カテゴリ:リボンレイ( 169 )

2009年 05月 05日
c0083904_1901432.jpg

手で編むレイが好きです。


リボンレイは、針と糸で縫うもの。
かぎ針を使うもの。
ストローを使うもの…など色々な手法がありますが、
私は、昔から手で編むのが好き。


華やかさはありませんが、
丈夫で、素朴で、
何よりも、温もりを感じさせるような存在は、
携帯ストラップを作るのに、1番最適な手法かもしれません。


画像のストラップは、くるくる ねじねじ…というネーミングにピッタリ。


心の中で、数をカウントしながら作ってゆくので、
作っている最中に、電話が入ったり、話しかけられると、
「あれ?どこまでカウントしたっけ?」と慌ててしまいます^^;


このストラップは色違いで何個か作りましたが、
コントラストがハッキリした色合いの方がいいみたいです。


昨年、ブログにアップさせていただいたストラップ→
今回のストラップは、その応用です。


昨年アップさせていただいたストラップは、
お陰様で、たくさんの方からお問い合わせがあり、
作り方などレクチャーさせていただきました。


その作り方を習得された方なら、
きっと、今回のストラップも楽勝で作ることが出来ると思います。
ぜひチャレンジしてみてくださいね ^^
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-05-05 19:25 | リボンレイ
2009年 04月 16日
c0083904_11381563.jpg


桜の時期が終わりますと、
世間では、バラの商品が次々と展開します。


紅茶屋さんも、ローズティーが花盛り。
お店の前を通ると、華やかな香りを放っています。


バラは、数え切れないくらいの品種があるのですが、
そのくらい どなたからでも好かれるお花なのでしょう。
艶やかで、品があり、凛とした姿は、
日本人が恋焦がれ、心惹かれる要素がたくさんですもの。


小さなバラを詰め込んだような
可愛らしいリボンレイが完成しました。


リックラックを使って、
1つ1つの巻きバラを丁寧に作っていきます。


よく見えないかもしれませんが、
バラの中心部(芯)は、
バラ特有のクルクルした巻きが入っています。


少し離れて見てみると、
まるで本物の小さなバラそっくり…
ボリュームもあるせいでしょうか。
生花のレイと間違えてしまった方もいらっしゃいました。

レイの制作裏話( 続きを読む… )
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-04-16 11:50 | リボンレイ
2009年 04月 09日
c0083904_1951881.jpg

新しいリボンレイの携帯ストラップを作ってみました。
リボンを3つ使ってフリフリさせています。


リボンを2つ使ってフリフリさせるタイプは、
よく作ってきましたが、
もう1色足して、3色で作ってみたところ、
これが意外と苦戦^^;


プルメリア系のレイを作ったことがある方なら、
よくお分かりになると思いますが、
フリフリを2つ作るのは易しいことですが、
それを独自にフリフリを3つ作るというのは、
けっこう難しいのです。


頭をフル回転させても、
思うようなフリフリが出来ずに、思わず泣きが…


こういう時に、1番頼りになるのは、
やっぱり、仲間であり、お友達でもある
リボンレイの先生です。


電話やメールを駆使して、
お友達の意見も参考にさせていただきながら、
何とか完成しました。


こういうお友達は、本当に有難い存在です。


どんなお仕事でもそうだと思いますが、
私のようなフリーの仕事も、悩んだり、迷ったり、
時には、大きな壁にぶつかる事だってあります。


手を差しのべてくれる同士のお友達と言うのは、
自分を客観的に見ることができますし、
何よりも、心が開放されてホッとします…^^

このストラップは、ちょっと感慨深いものになりそうです。
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-04-09 19:52 | リボンレイ
2009年 04月 02日
c0083904_1856682.jpg

リボンレイを作るお手伝いをさせていただいている私が、
こんなお話をするのは、妙な話だと思うのですが…


リボンレイにしろ、他の様々なクラフトに対しても、
完璧を求めて作らない方が楽しいと思います。


このラインを真っ直ぐに揃えなさい。
何センチ間隔で作りなさい。
出来上がりは、こんなふうにしなさい。


…こんな事ばかりを言われると、
せっかく楽しんで作っているのに、何だか嫌な気持ちになりませんか?


人は機械ではありません。


人の手は、それぞれに違っていますし、
その時に作る心情もそれぞれに違うのです。


その人のセンスや人柄が表れている作品は、
見本を完璧に真似て作るコピー作品よりも、
人の心を揺さぶり、感動させます。


作品を作るというのは、魂を入れるということ。


私が教えさせていただいた数々のリボンレイは、
私の手から離れ、
その人のエッセンス・スパイスも加わり、
よりやさしく、やわらかく輝きます。


こうじゃなければいけない!という概念を一切忘れて、
作る楽しみを存分に感じることが、
とても大切だと思うこの頃です…

  
   * ニイハウシェル Tracyさんデザイン 2008年春の作品 *
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-04-02 19:26 | リボンレイ
2009年 03月 30日
c0083904_2326325.jpg

フンワリと軽いレイのご紹介です ^^


今までの作り方とは、少々勝手も違い…
ふわぁ~
 ふわぁ~
  ふわぁ~と、
やさしく やさしく作っていきます。


言葉で言うのは難しいのですが、
繊細なガラスを、割れないように、割れないようにと
そっと手でさわっていくような錯覚に近いような…
(でも、ちょっと違うかなぁ…)


近くで見ると、
まるで、レイがホロホロと解けて、
元のリボンに戻ってしまうような感じがします。


もちろん、しっかりと作ってありますから、
解けてしまうようなことなんてないのですが…
それでも、そんな気がしてしまうのです ^^


残念ながら、こちらのレイの名前はないそうですが、
サクラにも見えるし、カーネーションにも見えるし…と
それぞれのお花を思い浮かべながら作るのも、楽しいものです♪


                 * Tracyさん デザイン *
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-03-30 00:20 | リボンレイ
2009年 03月 16日
c0083904_20403557.jpg

かなり前に作ったミニミニドアリース…
現在は、我が家の食器棚の取っ手にブラブラとぶら下がっています。


自宅レッスンにいらっしゃる生徒さんから、
「このドアリースは、ブログにアップしないのですか?」と
何度かおっしゃっていただいたのですが、
カメラを撮る機会を逃してしまったり…と
今日までズルズル来てしまいました(汗)


レイを完成させても、写真に撮る事を忘れてしまったり、
撮影しても、イメージとは違うなぁ…と思うと、
ボツにしてしまうことが多いので、
ブログやサイトに登場していないレイが多いです^^;
(ごめんなさい)


ブログやサイト…という言葉に関連して、
ネットの事を少しお話したいと思います。


パソコンに関しては、本当にダメダメ人間でして…
そういう分野に明るい方とお話していると、
仰っている事が、もう外国語のように聞こえてしまい、
頭の中はオーバーヒートしています(笑)


そんな私なので、自分のホームページを作っている時は、
キィエ~!!と、投げ出しそうになった事も何度かあるのですが、
改めて、ホームページを作ってよかったなぁと思うことがあります。


ホームページを開設していなければ、
きっと出会うことはなかったであろう方々と
こうしてメールを交わしたり、お目にかかることが出来たこと。
これもお互いが引き寄せた 【ご縁】 だと思うのです。


一昔前では、
このようなご縁は、全く考えられなかった出来事。
今、ここで発信している内容が、
一瞬で、皆様にお届けできている訳なので、
改めて考えると、やっぱりスゴイ事なのです…
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-03-16 21:19 | リボンレイ
2009年 03月 11日
c0083904_19584374.jpg

今年も、とうとうこの時期がやってきました…


3月はお引越しシーズンのピークを迎えるとき。
ご主人の転勤などに伴う転居で、
今月でレッスンを終了される方々がいらっしゃいました。


転勤族の大変さ・辛さと言うのは、
こればっかりは経験してみないと分からないものです。
(我が家も転勤族でしたので、その大変さは分かります)


慣れない土地で暮らしていくことは、
思っている以上に大変で、神経を遣うもの…
でも、この経験は、
これからの人生の糧になり、自分自身を成長させてくれるはず。
そう信じてくださいね。


事前に転居される事をお聞きしている方には、
お一人お一人にリボンレイを作ってプレゼントさせていただきました。


私の記憶ノートには、
お一人お一人のお好みの色やレイがインプットされています。
その方々のお好きな感じで仕上げさせていただきました。


でも、一針一針縫うたびに、
思い出が走馬灯のように浮かんで、
思わず涙がポロポロとこぼれ落ちてしまいました…
(1番寂しいのは転居されるご本人なのに…ごめんなさい)


時間の流れは、やさしい友です。
別れは、いつしか美しい思い出となって変わっていくもの。


時折は、リボンレイをご覧になって、
名古屋を思い出してくださいね…





                  *tea rose garden Tracyさんデザイン*
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-03-11 20:53 | リボンレイ
2009年 02月 10日
c0083904_12182820.jpg

カメラのお勉強は、まだまだ続いているこの頃。


女性向けのカメラ雑誌などを拝見していると、
どれもこれも本当に素敵な写真ばかり。
自分の愚作が恥ずかしくなってしまいます。


カメラの上達の1番の早道は、
頭の中で、ただ考えているだけではダメで、
とにかく毎日のようにシャッターを切ることが大切だそうです。


正直、毎日のようにシャッターを切ることは、なかなか難しいのですが、
それでも、やっぱりカメラは楽しい♪


ブログの更新も、稚拙な作品をさらしているので、
本当はとても恥ずかしいのですが、
上達する早道だと、自分自身に言い聞かせています。(汗)

decrescendo crescendoとは…(続きを読む)
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-02-10 12:52 | リボンレイ
2009年 02月 06日
c0083904_11303845.jpg

今までのリボンレイの写真を整理してみたところ…
明るい光の中で撮影したものが、圧倒的に多い!


確かにリボンレイは、ハワイを感じさせるような
明るく、元気なイメージを思い浮かべますものね。


こういう写真もいいとは思うのですが、
最近は、アンダー気味(暗め)に撮った写真も好きなのです。


画像は、Tracyさんデザインのリボンレイです。
黒と深紅のコントラクト…
Tracyさん好みの色合いで作ったものですが、
このレイを見たとき、「 和 」がイメージとして浮かんできました。


丹後ちりめんの上に、レイを置いて見たところ、
そうそう!このレイのイメージはこれだったのよ。と
一人でうなずいてしまいました。(笑)

明るい感じに撮った写真はこちら…(続きを読む)
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-02-06 11:55 | リボンレイ