「ほっ」と。キャンペーン
☆愛知県でハワイアンリボンレイ教室を主宰しているYURIKAです☆日常のひとコマを綴ったブログです  
olilei.exblog.jp
by ribbonlei-room
Top
*手編みタイプのリボンレイクリスマスミニリース *
2009年 11月 07日
c0083904_11455316.jpg


リボンレイのクリスマスリースは、
かぎ針を使って編む。
ストローを使う。
針で縫う。


主に、そんな手法が多いように思います。


私はWeaving(道具を使わず手で編んでゆく手法)が大好きで、
その手法に惹かれて、
リボンレイの魅力に引き込まれていった訳ですが…


名古屋でも、クマゼミが鳴き始めた初夏の頃。


手編みのリースというのは、ほとんど見かけたことがなく、
手でリボンをゆっくり編んでゆく様を、
何とかリースに表現できないものか…?と考えていました。


Weavingは、
リボンを針で縫ったり、かぎ針やストローで編むレイより、
なかなか進みませんし、根気も必要です。
その割には、華やかさがありません。
ですから、「 大好き!」とおっしゃる方があまりいらっしゃらなく、
個人的に、少々寂しい思いをしていました。


そういう思いがあったからでしょうか。
Weavingの魅力を引き出せるような
そんなリースを1度作ってみたかったのです。


それから編み方も何度も試行錯誤し、
けれど、決して難しい編み方ではなく、
どなたにも簡単に作れるように…と考えました。
(正直に申し上げると、
今までの試行錯誤の作業の中でもダントツに大変でした。)


ようやく完成したのが、秋も深まるつい最近のこと。
何とか、クリスマスに間に合いました^^;


c0083904_1234851.jpg


まるで折り紙できっちり折ったかのような雰囲気。
少し分かりにくいかもしれませんが、
ツルッとした形状ではなく、随所に角が尖っていますので、
柊のような形に似ています。


華やかさはありませんが、
Weavingの最も得意とする
素朴さ・規律正しさが表れていると思います。


リボンのカラーを変えてみると、
千代紙で折られたような和風にガラリと様変わり。


お正月飾りにもいいのかもしれませんね^^


* 実はこちらのミニリースはリバーシブルなのです。
裏面もなかなか素敵です。
その裏面の写真は、また後程… *
[PR]

by ribbonlei-room | 2009-11-07 12:22 | リボンレイ